» 2018 » 5月のブログ記事

もっとも大きなデメリット

| 自動車保険安い |

任意整理をやっても、デメリットなんてあまりないと考えがちですが、実際にはあると言うことをご存知ですか。それというのは、官報に記載されると言うことになります。つまり、他人に知られてしまう可能性があると言うことになります。

これが任意整理のもっとも大きなデメリットだという風に言えるかも知れません。増えすぎたお金の借入を債務整理で清算すると、クレジットカードの更新日以降、利用不可になる可能性があるでしょう。ご存知のように、債務整理をするとその貸金業者が加盟している信用情報機関に事故歴が記録され、クレジット会社もこの情報をもとに更新不可と判断するためです。

まだ更新日になっていなくても、利用停止の措置がとられるかも知れませんから、引き落としでクレジットカードを利用しているのなら、債務整理を行なう前に別の手段を用意しておきましょう。相談無料というのは最初のうちだけで、債務整理の手続きを弁護士等にしてもらおうと思ったら、最初に着手金というのを支払う必要があります。金額は決まっていませんので、法務(法律)事務所によってまちまちです。自己破産や個人再生といった手続きでは手続きしゅうりょう時の報酬についても先に固定で分かっていることが多いですが、任意整理となるとその最後の精算は和解内容次第で異なってくるので注意が必要でしょう。

複数の方式に分かれている債務整理ですが、任意整理だけは裁判所の介入なしで可能です。
残る2つは個人再生と自己破産ですが、これらは個人の思惑はどうあれ、裁判所をとおさないことには処理できません。
けれども債務整理を依頼した人間が再三再四、裁判所に赴かなければいけないりゆうではありません。法律事務所(弁護士事務所)に依頼していれば、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人として手続きの結構の部分を代行できるので、債務者本人の負担は結構軽くなります。